ビルの工事現場

太陽光の利点

最近では太陽光発電の工事を住宅の屋根につける方多くいます。そうすることにより、電気を得ることができ、電気代を浮かせることが出来ます。自分でソーラーパネルを付けたいと考える人は見積もりを前もって作っておきましょう。

» 詳細を確認する

地震強い建物を

地震はとても恐ろしいものです。そのため耐震工事は必要になってきます。耐震工事を行えば地震に強い建物を作ることが出来ます。地震対策として耐震工事を行いましょう。また、見積りを出しておくと金額が前もって分かるようになります。

» 詳細を確認する

火事の点検

防火対象物点検制度の導入背景とその対象物とは

平成13年9月に新宿区歌舞伎町で発生した、ビル火災の深刻さを受けて、平成14年4月に消防法が大幅に改正されました。その消防法において、防火対象物の管理を徹底づけるため、「防火対象物点検」制度が義務付けられ、平成15年10月1日より開始されています。 防火対象物点検制度は、定期的に防火対象物を点検し、その結果を消防庁または消防署長へ報告することが義務付けられました。定期点検・報告を必要とする対象物とは、1.特定用途防火対象物のうち、収容人数が300人以上のもの、2.映画館・百貨店・旅館など不特定多数が利用する特定用途建造物において、直接地上へ通じる非常階段等が無く、なおかつ1階及び2階以外の階で、収容人数が30以上のもの、3.特定用途建造物において、非常階段以外の階段から非常階段へ、または直接地上へ通ずる階段が、1〜2箇所以上設置されていない階で、収容人数が30人以上であるものが、点検対象となっています。

防火対象物点検を行うにはどうすれば良いか

平成15年10月より開始された「防火対象物点検」は、定期的に行う必要があり、この点検を行うには、「防火対象物点検資格者」の資格を持つ専門家でなければならないので注意が必要です。 防火対象物点検資格者は、点検を行う際には、防火対象物の火災予防に関する専門知識が必要となり、このような専門科が点検を行うことで、事前に火災を予防することが可能となります。 点検項目には、1.防火管理を実施しているか、2.消火・通報・避難訓練を定期的に実施しているか、3.避難階段に障害物を置いていないか、4.防火戸の開閉に障害となるものを置いていないか、5.消防法で定められている基準に適した消防用設備が設置されているかなどが、点検内容となっています。

健康を害する

ビルなどの工事で出てくるアスベストは人体に影響を与えます。いい影響ならいいですが、悪い影響を与えます。健康被害を与えるアスベストは厄介なので、吸わないように注意しましょう。

» 詳細を確認する

おすすめ関連リンク集

  • Johnson Controls

    ビルの省エネ対策を行ないコストを見直しておこう。色んなプランがあるため、比較をして、最適なシステムに整えておくことが大切です。
  • アンテナ110番

    アンテナの取り付けを検討しているなら、工事実績が豊富な業者を頼ってみるといいですね。ここならサービスやサポートが充実!
  • ジオ・フロント株式会社

    土壌汚染調査をしてみましょう!ココなら依頼をするとスピーディー対応してくれるので頼りになると言われています。